5月は歩きこんで、下旬にはロングコースを歩こうなんて考えていましたが、ゴールデンウィーク終盤に風邪をひいてしまい、なかなか治らないと思っていたら、蓄膿症になってしまいました(泣)

21日はちょっとまだ頭がすっきりしませんでしたが、天気もいいし、6月に入ってアユ釣りが始まれば山に行ける機会は減る事もあって、軽めに歩いてみました。


【当日のコース】
大札山・蕎麦粒山鞍部→蕎麦粒山南尾根登山口→蕎麦粒山→山犬段→大札山・蕎麦粒山鞍部
(山犬段~大札山・蕎麦粒山鞍部までは林道)

このコースは何回か歩いているので、写真メインにアップしていきます。
(画像クリックで拡大します)
風景

風景

風景

風景

風景


歩き始めてみると、思っているよりも体がダルイ感じで、20分ほどで引き返そうかと思いました。
こまめに休憩しながら写真を撮っていきます。
この時にマメに鼻をかんでいくと、徐々に体調も回復してきました(おかげでザックの中がティッシュだらけになりましたが・・・)。
どうも、鼻水が溜まっているとそれが悪さして、頭がすっきりしなかったり、軽い頭痛を起こすようです。
その後は、ゆっくり歩いたこともあって、全然問題なく歩けました。


今回の山行の目当てのシロヤシオは、南尾根の中腹より下でチラホラと咲いていました。
ただ、去年は花の多い当たり年だった分、今年は裏年になるようで花や蕾は少なかったです。

新緑もきれいになってきて、いい季節になってきました。

スポンサーサイト
5月中旬になって、チラホラとアユ釣りが解禁になってきました。
静岡県の川も20日の興津川を皮切りに、27日に狩野川、6月には大半の河川が解禁となります。

今年は琵琶湖のアユが不漁という話もあるし、一方で駿河湾のアユは久々にいいらしい(?)という話もあります。
とは言っても、アユ関係の漁協の発表であったり、メーカーの宣伝はかなり大袈裟だと思うので、この辺は解禁してみないとわからないと思います。

ちなみに僕はこの大袈裟な発表を「ご祝儀」と呼んでいます(^^;
(「祝・解禁」なんて言うくらいなので)
要するにリップサービス。プロレスみたいな匂いもしますね。
ちょっと皮肉っぽくなりましたが、いい意味で裏切ってくれる事を願っています。


さて今年のアユ釣りですが、今年は例年行っていた5月の興津川は行かない予定です。
5月いっぱいは山に専念して、アユ釣りは6月の浦川からスタートするつもりです。
風景
(画像クリックで拡大します)

「静岡と言えばお茶」という事で、ゴールデンウィークに撮った茶畑の写真です。
静岡に住んでいると茶畑なんて珍しくもなく、そこら中にあるのですが、4月中旬くらいから少しずつ新芽が出てきて、茶畑が濃い緑色から明るい黄緑色に変わっていくのはすごいきれいだと思います。
特に雨の後なんかは、目に見えて変わっていくのが分かって個人的にすごく好きです。


風景
川根町家山(島田市)と茶畑






磐田市の行興寺を訪れた後、そこから更に西の浜名湖ガーデンパークを目指します。

目的はネモフィラという青くて小さい花。
よく見る写真ブログに、茨城の国営ひたち海浜公園のネモフィラの写真がアップされていて自分も撮ってみたいと思っていました。
茨城だとちょっとまあ遠いので(^^;、近場でないかと探してみたら、浜名湖ガーデンパークにあるようなのでせっかくだし行ってみる事にしました。

(以下、画像クリックで拡大します)
風景

風景

風景


このゴールデンウイークに行った磐田市にある行興寺・熊野(ゆや)の長藤の写真です。

(以下、画像クリックで拡大します)
風景

風景

風景

風景


僕が訪れた時はちょうど満開くらいで、樹齢800年という藤は紫のカーテンが掛かっているようで見事でした。
この日は混雑を避けて少し早めに行った事もあり、見物客も少ない中で写真を撮ることができました。
(最近は道路事情や現地の混雑を考えると、写真撮影は朝早い時間帯がいいような気がします)

ひと通り写真を撮って、天竜川河川敷の臨時駐車場に戻ってくると時刻はまだ10時過ぎ。
と言う訳で、そこから更に西へ向かう事にしました。