前回の釣行から半月ほど空いてしまいました。
今の時期になれば僅か数日でも違いがあって、山間地を流れ、琵琶湖産のアユが放流されている寒狭川となれば尚更です。

寒狭川上流へ釣行するようになったのはここ3年くらいで、去年や一昨年の釣行記録を見ると9月中旬が目途になるように思います。
11日は今回で(寒狭川は)最後かな、と思いつつ行ってみました。


今週半ばに台風の影響でまとまった雨が降った影響で水位はまだ15㎝高。1mほどの増水だったので、石アカはほとんど残っています。今回の増水は今シーズン初めての出水だと思いますが、欲を言えばもう少し早いと良かったですね。
風景

まずは様子を見つつ、石裏を泳がせてみるとほどなく1匹目が来ます。
追っているというよりは、群れアユが掛かってきたような感じの掛かりです。
ただその後は続かず、たまにポツ・・・・ポツ・・・と掛かるもののイマイチ傾向が読めません。

試しに瀬の流心のキツイところにオトリを入れてみると、ガツンと来ました
風景
今日はこれくらいの型のアユが揃いました

時期的には緩流帯を泳がせた方が良さそうな気もしますが、今回も瀬をメインに釣ってみることにします。
ただ、狙い的には良かったと思うのですが、瀬に付くアユは思ったほど多くなくて数は出ません。
或いはアユの溜まっているところであれば、良かったのかもしれません。

早めの昼食後、上流に行ってみましたが、こちらは魚が薄いようで何とか1匹追加できたのみ。
(根掛かりで1匹失った為、プラスマイナス0)

風景



この日はちょっと疲れ気味だったこともあり、13時過ぎに終了。
釣果は8匹(16~23cm)でした。
風景

午後に上流に行ったのは、ちょっと失敗でした。
結果論になりますが、午前中に入ったところより下流に行けばもう少し釣れたと思います。
時間的に移動しても良かったのでしょうが、疲れ気味だったことに加えて、気持ち的にまあいいかなと思ったので納竿としました。
今シーズンは足のこともあって、盛期の一番いい時期に釣りを休んでいたくらいなので今更ムキになっても・・・、という気持ちもありまして・・・。
今年不完全燃焼だった分、来シーズンは足や体調も整えて、万全の態勢で楽しみたいと思います。

今年も楽しませてくれてありがとう!
スポンサーサイト