2012年の3月31日に開設した当ブログも5周年となりました。

この5年間は長いと言えば長い様にも感じるし、あっという間だった様な気もします。
川やアユも随分変わったし、ブログを書く事で自分の考えも少しずつ変わっていきました。
自分の頭の中にある漠然とした考えを文章にする事で、自分の考えが何なのかハッキリと分かる様になってきたと思います。
今回はこれまでを振り返りながら、現在や今後について書いていきます。


ブログを始めた当初は、純然たる釣りブログとしてスタートしました。
2012年は、前年の2011年秋に大型の台風が上陸した影響が大きく残っており、川は荒れ、アユの遡上も最悪の状態でした。
ただ、この少し前の2010年くらいまでは毎年11月になっても普通にアユ釣りができた事もあって、川やアユの状態が良くなくても一過性のものだと思っていました。
しかし、川は時間の経過と共に回復してきたにも関わらず、アユの遡上は一向に良くなりませんでした。

アユ自体は各漁協で放流しているので、いない訳ではありませんが、個人的にアユの質に物足りなさを感じるようになりました。
人口産アユがメインとなり、アユの歩留まりが悪いせいか成魚放流もののアユの多さも気になりました。また、近隣の河川は全体的に低調な為、釣れるとなると極端に釣り人が集中するようになりました。
静岡の川では満足に釣りができない為、他県の川に遠征する人も多かったかと思います。
自分自身も静岡の川で釣りをする事が減って、愛知県の豊川や寒狭川、岐阜県の長良川なんかに行くようになりました。

こんな状況の中で過ごしていた2015年のある時、ふと思いました。
「これじゃあ、疲れる為に釣りに来ているようなもんだな・・・」と。
ちょうどその時は全然釣れなくて、でもせっかく遠くまで来たんだからと思いながら釣りをしていたんですね。
以前だったら、こんな時こそ腕が上がるチャンスなんて思っていましたが、その時は違いました。

誤解のないように書くと、アユ釣りは今でも最高に楽しい釣りだと思っています。
ただ、今の状況では時と場所を選ばないと、なかなか満足のいく釣りができないと思います(気の持ちようもあるかと思いますが・・・)。

また、この頃はカメラや山に興味を持ち始めた時期で、釣れない中で粘って竿を出しているよりも山を歩いている方が楽しいと思うことが少なからずありました。
と言うか・・・、今でもそう思っています。
しかし、去年はその山で足を痛めてしまって満足に歩くことができず、悶々とした1年を過ごすことになってしまいました。


それで今思うのは、「楽しいと思うことが第一」って事です。
至極当たり前ではありますが、釣りばっかり、山ばっかり、写真ばっかりだとどうしても修行モードみたいになってしまうんですよね。自分の性格的に。
上達したり、目標を達成するのに楽しい事ばかりではないのはもちろん分かりますが、それでもそもそも楽しくなければダメだと思います。
なので、今は釣りにしても、山にしても、写真にしても気の向くまま楽しんでいこうと思っています。
(こうして雑多なブログになっていくのです(^^;)


今後いろいろな事を経験する中で、考えは変わっていくとは思いますが、ブログは今まで通りマイペースで続けていきますので、よろしくお願いします<(_ _)>


風景
今年は春の訪れが遅く、ようやく桜も咲き始めました


スポンサーサイト