8月もあっと言う間に終わってしまって、9月になりました。
「今年は猛暑になる」と言われていましたが、暑い時もあったものの天気が悪い事が多くて、とにかく天候が不安定でした。

さて、今年は去年の事もあって南アルプスの登山を絶対にしたいと思っていました。
しかし、5月末に右膝痛が発症・・・。
その後、ダイワマスターズ中日本ブロック大会の出場が決まったので、8月中旬から下旬に照準を合わせて体を作っていこうと考えていました。しかし、8月上旬にまたしても右膝痛が再発。痛み自体は1日半くらいで引いたので、お盆休みに軽く歩いてみたものの痛みは出ないけど違和感がある状態でした。歩行時間や高低差がもっとあれば、多分痛みが出たでしょう。
こんな感じなので、現在は山は休養中。
日常生活や釣り、1.5kmくらい走る程度なら大丈夫ですが、山で痛みが出るかどうかは実際に登ってみないと分からないのが厄介なところです。

こんな現状ですので、今年も南アルプス登山は諦めることにしました。
5月末に右膝痛が出た時点で厳しいと思っていましたが、やっぱり悔しいですね・・・。
まあ、今年の3月と5月頃はちょっと面倒な仕事があって釣りや山に専念できる感じではなかったし、今夏の天候を考えると良さそうな時は本当に少なくて(というかない?)、チャレンジできる状況でなかったのも確かです。
2年連続なので、とてもじゃないけど今は「来年こそは」とは言えません。




風景
旧木沢小学校のたかね校長(2017年8月中旬 長野県飯田市)

風景
キツネノカミソリ(2017年8月下旬 浜松市天竜区龍山)


こんな事があったり、連休明けの仕事が忙しくて疲労困憊気味だった事もあって、ちょっと気落ちしがちだったんですが、つい先日(ここには書けないけど)ビックリして嬉しくなる事があって憂鬱な気分が吹っ飛びました(笑)
自分自身には直接関係がない事なんですがね(^^)
秋は秋で、山にも行きたいし旅行にも行きたい、釣りも佳境なので環境を整えて楽しんでいきたいと思います。
アップが遅くなりましたが、先日藁科川に行ってきました。

入ったのは中流の富厚里と青の木。
風景

川の状況は平水くらいで、石アカも良好。見るからに良さそうな感じですが、結構場荒れしている感じで見た目ほどは釣れません。
1匹目は比較的早く掛かりましたが、脳天に刺さって死亡・・・。
そこからなかなか掛からず、オトリも弱ってきてちょっと厳しくなってきたかなと思ったところに2匹目。そこからポツポツ掛かりだします。

風景
掛かるのは単発ながら、こういう瀬の方が反応は良かったです。

午前中3時間ちょいで釣果は10匹。まだ釣れるポイントはありますが、気分転換を兼ねて少し上流に移動します。向かった先は青の木。
釣り始めはここも反応が渋い感じでしたが、午後になると連発で掛かってきます。
風景

風景
当日一番のアタリで掛かったアユ
オトリを誘導していたら、竿をひったくる強烈なアタリで掛かりました。

風景
釣果は8時前から15時までで25匹(14~21cm)でした。

流れが強めのポイントで反応が良く、また釣れるアユの型も比較的良かったです。
中庸なポイントは、場荒れなのかイマイチ。
また、オトリの元気度で野アユの反応が大分違うと感じました。今の時期は水温が高くなるので、強引に操作するとすぐにオトリが弱るし、かと言って待っていても掛かる訳でもないので難しいですね。



風景
不意にひまわりの写真を撮りに行きたくなったので、長野県の平谷村に行ってきました。


下伊那郡平谷村は、長野県南部にある小さな村で人口は450人だとか。
今回行くまで平谷村の事は全く知らず、たまたま調べていたら平谷村のひまわりが出てきて、グーグルマップで調べたら2時間弱で行けるみたいなので、試しに行ってみようという感じで行ってきました。
盆過ぎでは見頃は過ぎている(見頃は7月下旬から8月上旬)のは承知でしたので、今回は今後の為に道を覚えるくらいのつもりです。
と言うのも、写真に興味を持ってから痛感したのは下調べの重要性で、いきなりポンッと行っても(写真に限らず)なかなか上手くいくものではありません。面倒だけど下調べや下見ってすごい大事なんですよね(アユ釣りの大会では下見はしない派ですが・・・)。
なので、今回は来年の為の下見をしつつ、道を覚えること。
今後この周辺にも釣りに行ってみたいし、長野県の山(北・中央・南アルプス)へもいずれは行きたいと思っています。
いろいろ書くとこんな感じですが、ただのドライブとも言います

でまあ、グーグルさんは自宅から2時間弱で着くと言っていましたが、途中で道を間違えたりして何だかんだで3時間以上掛かっちゃいました(-_-;)
ただ、帰りは思ったほど掛からなかったので、やっぱりそんなものかなあという感じです。




で、肝心のひまわりは予想通り(?)見頃は過ぎていました。
あと1週間早ければ、もう少し見られたかなと思います。
そんな中で撮ってきた写真です。

風景

風景

ネタバレすると、このひまわりは道路脇に植えられているものでして、すぐ後ろは道路だったりします。
ちょうどいい感じの雲が出ていたので、見上げる感じで撮ってみました。
「ごまかし」ではありません。切り取り方です(笑)


この日の失敗は、ここで写真を撮ってそのまま帰ってしまった事。
この近く(と言ってもまあまああるけど)の阿南町にもひまわり畑があり、そちらは見頃くらいなので、足を伸ばせば良かったです。これを知ったのは自宅に帰ってきてから。
やっぱり下調べは大切ですね・・・。
8月18日、いつもの寒狭川へ行ったんですが・・・








風景
こんなんになっちゃって強制終了となりました。


風景

風景

釣りの方は、実釣2時間ほどで5匹。

ちょうど掛かり出したところで土砂降りの雨。
堪らずカッパを取りに行って、しばらくすると何か濁ってきてるなあと思ったら、目に分かるくらいに濁ってきました。
今日入っていたポイントは川を渡ったところなので、竿をたたむ間も惜しんで一気に入川点に戻ってきました。

このところ天候が超不安定なので、気を付けましょう(笑)。


8月14日は寒狭川へ。

9時頃に川に到着し、様子を見て行くと割りと釣り人は少なめ。
14日から網漁が解禁で、それを見越して来たので、狙い通りかと思いました。
オトリを買おうとお店に行くと、何やら人がたくさんいます。
話を聞くと、オトリが売り切れだそうで、入荷待ちとの事。
9時半くらいには入ってくるそうなので、それまで時間を潰して、竿出しは結局10時くらい。

川に着いて支度をしていると、何とベルトがない・・・
ベルトがないとタモは差せないし、引き舟も取り付けられないのでまともに釣りにはなりません。
しばらく考えて、こうしました(笑)
風景
オトリ缶のベルトを外して、腰に巻きました。
ダサいけど、山の中なのでいいでしょう(笑)

アユ釣りの道具ってとにかくたくさんあって、それこそ車に道具を満載している感じになります。
でも不要なものはなくて、何か1つないと釣りができなかったり、恐ろしく不便になったりするんですよね。
この時は既にオトリを買って、着替えていたのでこうしましたが、もっと早い段階で気付いていたら釣りをやめて帰っていたかもしれません(^^;


で、前振りが長くなりましたが、肝心の釣りは予想通り場荒れ気味のポツポツの掛かり。
3連休の後、他の川が竿出しできない影響で釣り人が多い事を考えれば、こんなものかもしれません。
風景
瀬はかなり場荒れしている感じです。
掛かっても大抵1匹。元気なオトリで自在に泳がせられれば、もっと掛かりそうですが、自分の技術ではとてもできません。

風景
トロ場で釣ったアユ
瀬がイマイチだったので、途中からトロ場をメインに狙いました。
トロ場の方が型が良かったです。

釣果は10~16時までで17匹(16~20㎝)でした。
風景

連続して掛かってくる事がなく、1日中ポツポツの掛かりでした。
トロ場も天候の為か、追っているアユは少なかったです。

去年や一昨年に比べるとイマイチな感じもしますが、今年は入川禁止区間もあるし、(出水の)タイミング的に釣り人が多いのでこんなものかもしれません。
8月に入ってからは梅雨みたいな天気が続いていますが、あまり暑いのもイヤだけど夏の日差しが恋しいですね。